疾患紹介

骨粗鬆症

全身の症状

骨粗鬆症とは、骨の量(骨量)が減って骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です。日本には約1000万人以上の患者さんがいるといわれており、高齢化に伴ってその数は増加傾向にあります。

症状

骨粗鬆症になっても、痛みはないのが普通です。しかし、転ぶなどのちょっとしたはずみで骨折しやすくなります。骨折が生じやすい部位は、せぼね(脊椎の圧迫骨折)、手首の骨(橈骨遠位端骨折)、太ももの付け根の骨(大腿骨頚部骨折)などです。骨折が生じると、その部分が痛くなり動けなくなります。また、背中や腰が痛くなった後に、丸くなったり身長が縮んだりします。

原因と病態

からだの中の骨は生きています。同じように見えても、新たに作られること(骨形成)と溶かして壊されること(骨吸収)を繰り返しています。骨粗鬆症は、このバランスが崩れることでおこり、骨がスカスカになってきます。 骨粗鬆症は圧倒的に女性、特に閉経後の女性に多くみられ、女性ホルモンの減少や老化と関わりが深いと考えられています。

診断

骨の量や成分(骨密度)を測定するためには、デキサ法(2重エネルギーX線吸収法)、超音波法、MD法、CT法といった詳しい検査があります。さらに血液検査にて骨粗鬆症のタイプを診断することができます。

診断

予防と治療

骨粗鬆症は予防が大切な病気です。

予防と治療

予防

  • 転ばないように注意する
  • カルシウムを十分にとる
  • ビタミンD、ビタミンK、リン、マグネシウムをとる
  • 適量のタンパク質をとる
  • 禁煙し、アルコールは控えめにする
  • 運動、日光浴をする

治療

注射や内服薬などによる治療を行います。骨折した場合は、それに応じた治療が必要です。閉経後の女性には、整形外科医の定期的な検診をお勧めします。

橈骨遠位端骨折

症状

橈骨遠位端骨折

手首に強い痛みがあり、短時間のうちに腫れて来ます。けがの仕方によって違いますが、手のひらをついて転んだあとでは食器のフォークを伏せて置いたような変形が見られます。
手がブラブラで力が入らず、反対側の手で支えなければならなくなります。ときには、折れた骨や腫れによって神経が圧迫され指がしびれることもあります。

原因と病態

手のひらをついて転んだり、自転車やバイクに乗っていて転んだりしたときに、前腕の2本の骨のうちの橈骨(とうこつ)が手首のところ(遠位端)で折れる骨折です。
特に閉経後の中年以降の女性では骨粗鬆症で骨が脆くなっているので、簡単に折れます。若い人でも高い所から転落して手をついたときや、交通事故などで強い外力が加わると起きます。子供では橈骨の手首側の成長軟骨板のところで骨折が起きます。
いずれの場合も、前腕のもう一本の骨である尺骨の先端やその手前の部分が同時に折れる場合もあります。

橈骨遠位端骨折の予防と治療

診断

X線(レントゲン)検査で橈骨の手首側のところに骨折が見られます。骨の折れ方で治療法が異なるので、折れた部分が単純で骨折線が一本だけか、いくつもの小さい骨片がある不安定な骨折か、手首側の骨片もいくつかに分かれて骨折線が手首の関節に及んでいるかを見極めます。
手首側の骨片が手の甲の方向にずれているものは、古くからコレス骨折、手のひら側にずれているものはスミス骨折と言われています。

治療

先ず、腕の麻酔や静脈麻酔で痛みをとってから、手を指先の方向に引っ張ってずれた骨片を元に戻す整復操作を行ないます。引っ張る力をゆるめても骨片がずれないときは、そのままギプスやギプスシーネで固定します。引っ張る力をゆるめると骨片がずれて来るものや、手首の関節に面する骨片の一部がずれたままで整復出来ないものは手術が必要になります。
手術にはX線で透視しながら、鋼線を刺入して骨折部を固定する経皮鋼線刺入法や手前の骨片と手首側の骨片にピンを刺入してそれに牽引装置を取り付ける創外固定法と、骨折部を直接開けて骨片を整復してプレート固定する方法があります。変形の強い骨折や関節内に及ぶ骨折の場合、創外固定法とプレート固定を併用することがあります。ネジとプレートがかみ合う「ロッキングプレート」が開発されてからは、プレートで固定して、早くから手首の関節を動かせる方法がよく用いられるようになっています。

大腿骨頸部骨折

大腿骨頸部骨折大腿骨頚部骨折

大腿骨頸部骨折では股関節部(脚の付け根)に痛みがあり、ほとんどの場合、立つことや歩くことができなくなります。

原因と病態

大腿骨は股関節からすぐのところ(大腿骨頸部)で曲がっています。人間はその曲がった大腿骨で体を支えていますが、曲がったところは転倒や転落の時に外力が集中しやすく、骨折しやすいのです。
この骨折は骨粗鬆症で骨がもろくなった高齢者に多発することで有名ですが、本邦でも年間10数万人が受傷し、多くの方が骨折を契機に寝たきり、閉じこもりになってしまうので社会問題となっています。
医学的には、病態が大きく異なりますので、関節の中で折れる場合(大腿骨頸部内側骨折)とそれよりもう少し膝側の関節外で折れる場合(大腿骨頸部外側骨折)の2つに分けて考えます。
頸部内側骨折は、骨粗鬆症がある場合、ちょっと脚を捻ったぐらいでも発生します。よくあるのは高齢者が何日か前から足の付け根を痛がっていたが、或る時急に立てなくなったというエピソードです。おそらく立てなくなった時、骨折部でずれが生じたのでしょう。
一方外側骨折は、明らかな転倒・転落で発生します。
両者の大きな違いは、内側骨折は血液循環が悪いため骨癒合が得られにくいが、その一方関節内のため周りにスペースがなく内出血も少ないことに比べ、外側骨折は骨癒合は得やすいが、受傷時の外力も大きく、内出血もするため全身状態に影響が出やすいということです。

診断

認知症などのためハッキリわからないこともありますが、もし高齢者が転んだりした後、立てなくなったら第一にこの骨折を考えて痛む場所を確認しX線(レントゲン)診断を行います。
亀裂骨折(いわゆるひび)でX線で判りにくい場合はMRIで診断可能です。時々骨盤の亀裂骨折と間違えられることがありますが、骨盤の亀裂骨折では、多くの場合歩行は何とか可能です。

予防と治療

予防は折れにくい骨を作るという意味で骨粗鬆症の治療を行うことと転倒しにくい環境を整えるという2点です。骨粗鬆症の治療は食物、薬物、運動ということになりますが、特に女性の場合は正常でも更年期以後年率で1%づつカルシウム量が減るといわれており、普段から検診等でチェックすることが大切です。
もし骨折が発生してしまった場合は、安静期間中に認知症や、廃用萎縮といって動けないうちに運動機能がおちて寝たきりになってしまうことがありますので、何らかの手術療法を考えることが増えています。

なお内側骨折の場合は骨頭壊死といって、血流障害で後ほど骨がつぶれてしまう合併症にも注意することが必要です。

脊椎椎体骨折

比較的弱い外力によっても生じる骨粗鬆症によるもの(病的骨折の一種)や転移性骨腫瘍による病的椎体骨折、強い外力により生じる外傷性椎体骨折などがあります。圧迫骨折とよばれることもあります。
老人におこるものは胸椎と腰椎の移行部(胸腰移行部)あたりの椎体に生じ、ほとんどが骨粗鬆症に起因して尻もちなどの軽微な外力により生じるものです。

症状

骨粗鬆症に起因して骨の弱くなっている(脆弱性が存在)とき生じるものでは、胸腰移行部に生じることが多く疼痛が軽度のこともあります。しかし、尻もちなどの明らかに外力が加わったものでは、通常は骨折のある部位の疼痛を伴います。いくつもの場所に多発性に椎体骨折が生じると背中が丸くなり(円背)、身長が低くなります。
腫瘍などの転移によるものは、骨折部の体動時の痛みのほかに安静時にも痛むのが普通です。 強い外力により生じた場合は、他の骨軟部損傷を伴うことも多く、脊髄損傷を生じる場合もあります。部位にもよりますが、胸腰移行部に生じた場合、重症では両下肢麻痺を生じるなど、さまざまな症状を呈します。

原因と病態

骨粗鬆症に起因して生じるものは、中腰や重いものを持つなど胸腰移行部に力が集中して骨折することもあります。
尻もちなどの外力でも力が集中したところの椎体の前方がつぶれくさび形になります。
腫瘍などの転移によるものは、腫瘍が転移した部が弱くなって軽微な外力で骨折(病的骨折)します。 強い外力により生じた場合は、椎体前方だけで済む場合もありますが、脊椎椎体が後方要素を含め、全体につぶれて不安定になり、脊髄の通り道(脊柱管)に及び、脊髄の麻痺を生じることがあります(脊髄損傷)。

診断

X線(レントゲン)検査を行うことで確定します。椎体骨折部の粉砕や脊髄損傷のある場合は、CTやMRI検査が必要になります。
骨粗鬆症が疑われるものは骨密度を測定します。
転移性骨腫瘍が疑われる場合は、MRI検査や骨シンチグラフィーなどの検査を追加します。

予防と治療

骨粗鬆症による軽度の骨折(圧迫骨折)の場合は、簡易コルセットなどの外固定をし、前屈(お辞儀する動作)を禁じ、比較的安静にします。
安静にすることで、3~4週ほどでほとんどが治ります。
転移性脊椎腫瘍によるものは、その項を参照してください。

強い外力によるものでは、ギプスや装具などの外固定で早期に離床し歩行訓練するのが基本になります。圧迫骨折が高度であったり、骨折部の不安定性強かったり、脊柱管(脊髄部)がすれたり骨片で圧迫を受けていたりしている場合や、いつまでも疼痛が残るものには、手術が必要になることがあります。

変形性膝関節症

痛みの原因から対処法まで

変形性膝関節症の痛みの原因から対処法まで痛みを生じさせる一般的な疾患としては、変形性膝関節症や関節リウマチなどがあげられます。関節疾患の場合、痛みの度合いや症状の進行スピード、症状の重さ、病状には個人差があるため、患者さん1人1人に合わせて綿密な治療計画が立てられます。

原因となる病気

膝関節の痛みや変形の原因は、炎症・腫瘍・外傷によるものなど様々です。
激しい痛みを生じさせる疾患としては、変形性膝関節症や関節リウマチなどがよく知られています。

変形性膝関節症(OA)

膝関節は、毎日体重の負担を受けながら動かしているため、長年に渡って使っていると、軟骨が徐々に擦り減ってきます。
加齢に伴い軟骨も十分に再生されなくなると、更に軟骨の下の骨も擦り減ってきます。
そして関節の表面がデコボコになり、滑らかな動きが阻害されて、生じた炎症から痛みを出すのが変形性膝関節症です。
日本人の場合、すねの骨が内側に弯曲しているので、体重のかかり方から内側の軟骨ばかりが擦り減り、徐々にO脚になることが多いのが特徴です。

関節リウマチ(RA)

指、手関節、肘、膝、足関節、更には脊椎の関節など、全身の関節が炎症を起こす疾患が関節リウマチです。
初期の症状は関節炎に伴う腫れと痛みですが、進行すると関節の軟骨やその下の骨が破壊され、関節の脱臼や変形につながります。
膝関節ではリウマチが進行すると膝が伸びなくなったり、変形と痛みのために歩けなくなったりします。

変形性膝関節症(OA)治療法

(1)保存療法

■運動療法

運動療法

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)など膝関節周囲の筋肉を筋肉トレーニングで鍛える治療法です。
筋肉には関節への負担や衝撃を和らげる役目があるため、痛みの軽減や症状の進行を抑制する効果があります。変形性膝関節症の場合は、炎症と痛みに十分配慮し、下肢挙上(かしきょじょう)運動や温水プールでの歩行、自転車漕(こ)ぎなど無理のないトレーニングを行います。運動療法は膝関節疾患(しっかん)の予防にもなり、また将来、手術を受けることになっても、筋力が維持されていると、術後の回復に大変有効です。やり方がわからない場合は医師や理学療法士の指導を受け、少しの運動であっても毎日続けることが重要です。

■装具療法

膝の変形によって不安定になってしまった膝支持性の補強や、膝関節への負担を減少するために使用します。
日本人の場合、骨の形状から膝の内側の軟骨だけすり減り減って徐々にO脚になり、変形性膝関節症に発展することが多いため、この進行を抑制するために靴の中敷に特殊な板(外側くさび状足底挿板(そくていそうばん))を敷く装具療法がよく用いられています。

■関節注射

変形性膝関節症は症状が進むと関節内の潤滑油(じゅんかつゆ)で、軟骨の栄養である滑液が減ることから、滑液の主成分であるヒアルロン酸ナトリウムを関節の中に直接注射し補う治療法です。

■薬物療法

膝関節に起きた炎症(えんしょう)を消炎鎮痛剤(しょうえんちんつうざい)で抑える治療法です。
湿布(しっぷ)や軟膏(なんこう)などの外用薬も併用して使う場合があります。変形を抑制する効果はありません。

(2)手術療法

■人工膝関節置換術 TKA / TKR ; Total Knee Arthroplasty / Replacement

人工膝関節置換術

変形性膝関節症によって変形した関節を人工の関節(人工関節)に置き換える手術です。
痛みの原因になる部位を手術で取り除くため疼痛の改善に大きな効果があります。変形性膝関節症の発生原因は、加齢だけでなく肥満や骨粗鬆症など、生活習慣病も複合的に関係しているとされています。
肥満は関節への負担を増し、症状を悪化させるおそれがあります。各種の療法と並行して、生活の見直しも行いましょう。

■人工膝関節置換術が必要になる目安

症状が軽い場合は、薬物療法や運動療法など、体への負担が少ない療法で症状を和らげることが優先されます。
ただ、症状がかなり進行しており、これらの保存療法で十分な効果が得られなくなった場合には、痛みを和らげ通常の活動を取り戻すための手段として、人工膝関節置換術の検討が必要になります。特に、膝関節の痛みが強すぎるあまり、やりたいことや日常生活が困難になっているのであれば、手術を検討する時期といえるでしょう。

人工膝関節置換術とは

人工膝関節置換術とは、変形性膝関節症や関節リウマチによって傷んで変形した膝関節の表面を取り除いて、人工関節に置き換える手術です。 人工関節は、関節の滑らかな動きを再現できるように、大腿骨部(だいたいこつぶ)脛骨部(けいこつぶ)膝蓋骨部(しつがいこつぶ)の3つの部分からできています。大腿骨部と脛骨部の本体は金属製ですが、脛骨部の上面と膝蓋骨の表面は耐久性に優れた硬いポリエチレンでできていて、これが軟骨の代わりになります。

人工膝関節置換術とは

使用する人工関節は障害の程度によって異なります。障害の程度が比較的軽い場合は骨の表面だけを削って置き換えますが、 膝関節の破壊が進み、障害が著しい場合には、すり減った骨を補充するために複雑な膝関節部品が必要になります。

人工膝関節置換術の流れ

人工膝関節置換術の流れ

統計データ

人工膝関節置換術は日本国内で30年以上前から行われている手術です。整形外科では一般的な治療法として定着し、手術件数は年々増えており、今では年間8万例以上にも上ります。また、社会保険庁2008年データによれば、人工膝関節置換術を受けられる患者さんの平均年齢は73歳と、比較的高齢の方が手術を受けられていることがわかります。

日本における人工膝関節置換術 年間症例数

日本における人工膝関節置換術 年間症例数

㈱矢野経済研究所「2016年版メディカルバイオニクス(人工臓器)市場の中期予測と参入企業の徹底分析」のメーカー出荷ユニットベースをもとに人工関節ドットコムが手術件数として作成

最小侵襲(しんしゅう)術(MIS:エムアイエス)

治療部位の切開(侵襲)の程度をなるべく小さくし、患者さんの体にかかる負担を少しでも軽くしようという手術手法を、最小侵襲あるいは低侵襲といいます。人工関節置換術における最小侵襲では、皮膚を切開する長さを従来よりも小さくする、筋肉を切らずに温存するといった方法で、患者さんにやさしい手術の実現を図っています。

(注記)最小侵襲は、患者さんの容態や症状等によっては行えないこともあります。また、最小侵襲による効果は必ずしも確約されているものではなく、期待できるという範囲に留まっているものであることをご理解ください。最小侵襲人工膝関節置換術を希望される場合には、適応や効果について、担当の医師と十分にお話されることを お勧めいたします。

変形性股関節症

原因となる病気

股関節に痛みを生じさせる疾患としては、変形性股関節症や関節リウマチ、骨頭壊死などがよく知られています。

変形性股関節症(OA)

変形性股関節症(OA)生まれつき股関節がずれていたり(先天性股関節脱臼)、骨盤の発育不全(臼蓋(きゅうがい)形成不全)などがあるとき、体重の負荷で軟骨が磨り減りやすくなり、骨頭と臼蓋がこすれあうため、痛みや運動障害を招く病気です。

関節リウマチ(RA)

関節リウマチ(RA)関節リウマチのような関節炎では、関節の中にある膜が炎症を起こします。 炎症により放出された化学物質が関節の軟骨や骨を破壊し、痛みや腫れを引き起こします。

骨頭壊死(こっとうえし)

骨頭壊死(こっとうえし)大腿骨(太ももの骨)の骨頭が、血流障害のために、脆くなってつぶれてしまう疾患です。

外傷

外傷事故などの衝撃が原因で、股関節脱臼や骨折を起こすと、後遺症として関節疾患になる場合があります。

変形性股関節症(OA)治療法

(1)保存療法

■運動療法

外転(がいてん)筋など股関節周囲の筋肉をトレーニングで鍛える治療法です。
筋肉には関節への負担や衝撃を和らげる役目があるため、痛みの軽減や症状の進行を抑制する効果があります。

変形性股関節症の場合は、炎症(えんしょう)と痛みに十分配慮し、関節に体重をかけない臥位(がい)や座位(ざい) で大腿四頭筋(だいたいしとうきん)など太腿の筋肉や、股関節周囲筋の筋力強化を行います。
温水プールでの歩行は浮力により関節の負担が少なくてすむため理想的です。
スポーツジムなどでの器具を用いたトレーニングは負担が大きいので変形性股関節症の患者さんは注意が必要です。
運動療法は股関節疾患の予防にもなり、また万が一、将来、手術を受けることになっても、筋力が維持されていると、 術後の回復に大変有効です。
ひとりではなかなか続けづらい場合は、病院のリハビリテーションに定期的に通い、理学療法士の指導の下、行うことができます。
少しの運動であっても毎日続けることが重要です。

■装具療法

変形性股関節症によって不安定になってしまった股関節を安定させるために腰や太ももにSスプリントなどの 装具をとりつける治療法です。

■温熱療法

温めたパック(ホットパック)を用いて関節を15分~20分程度温めます。
家庭でも安全にでき、また局所の温熱効果は痛みや血流の改善などに効果があります。

■薬物療法

関節の炎症を消炎鎮痛剤(しょうえんちんつうざい)で抑える治療法です。 湿布(しっぷ)や軟膏(なんこう)などの外用薬も併用して使う場合があります。変形を抑制・治癒(ちゆ)する効果はありません。

(2)手術療法

■人工股関節置換術THA あるいはTHR; total hip arthroplasty (replacement)

手術療法変形性股関節症によって変形した関節を人工の関節に置き換える手術です。痛みの原因になる部位を手術で取り除くため 、関節症が進んだ時期でも疼痛の改善に大きな効果があります。二足歩行をする私たちの股関節には、日ごろ体重の数倍にもあたる力がかかっています。これは歩行時には3倍、椅子からの立ち上がりで6~7倍、床からの立ち上がりで10倍とされています。 変形性股関節症の進行を抑制するためには、股関節に無理な負担をかけない工夫も大切です。たとえば、ベッド・椅子・洋式トイレ といった洋式の生活に変える、激しい運動や立ち仕事などはなるべく避ける、杖を使うようにするなどです。 これらは予防にも役立ちます。

■人工股関節置換術が必要になる目安

症状が軽い場合は、薬物療法や運動療法など、体への負担が少ない療法で症状を和らげることが優先されます。
ただ、症状がかなり進行しており、これらの保存療法で十分な効果が得られなくなった場には、痛みを和らげ通常の活動を取り戻すための手段として、人工股関節置換術の検討が必要になります。特に、股関節の痛みが強すぎるあまり、やりたいことや日常生活が困難になっているのであれば、手術を検討する時期といえるでしょう。

人工股関節置換術を検討すべき目安としては、以下のようなものがあげられます。

  • 普段より多く関節を使うと痛みが出る
  • 思いどおりに動けなくなった、歩けなくなった
  • 痛みのためによく眠れない
  • 体を一定時間動かさずに休めていると、関節が固くなる
  • 湿っぽい天気の日に痛みが強くなる
  • 痛みが持続している、あるいは再発する
  • 運動中や運動後に関節が痛む
  • 薬剤や杖を使用するだけでは痛みを十分に和らげることができない
  • 関節の動きが悪くなっている、あるいは曲げられる角度が小さくなったように感じる
  • 関節が固くなっている、あるいは腫れている
  • 歩いたり階段を上ったりするのが困難になった
  • 椅子に座る、椅子から立つ、浴槽に入る、浴槽から出るなどの動作が困難になった
  • 朝に関節がこわばり、その内に治まる
  • 関節がきしむような感じがする
  • 過去に関節に外傷を負ったことがある

このような症状があらわれてきたら、股関節の手術を受けるべきかどうか、いつ手術を受けるべきか、受けるならどの手術方法が最も適しているかなど、医師と詳しく話し合って下さい。なお、感染症がみられる場合、骨の量が不十分な場合、骨に人工股関節を支えられるだけの強度がない場合などは、人工股関節置換術が適切でないと判断されることもあります。